パンク修理

ウィルチェアーラグビーをやっている上でパンクはさけて通れません
試合中にパンクした場合は、スタッフの方がふたりがかりでタイヤ交換をします
ひとりがラグ車を持ち上げている間にもうひとりがタイヤをはめますが、それはそれはあっという間に交換が終わってしまいます
F1のタイヤ交換なみの早さです
その陰で、パンク修理をしている方の存在も忘れてはなりませんね