2 on 2

ある日のMassaとの打合せの会話はこんな感じでした

編集「ラグビーの練習って、人が集まればゲーム形式は分かるけど、集まらない時はなにするの?」

Massa「集まらない時は、走ったり、2対2とか・・・」

編集「2対2ってつまり”2 on 2”ってこと?」

Massa「あー、まぁそうですね」(この辺でどうでも良くなってきてる)

編集(それでも強引に)「2 on 2 だとパスする相手が決まっちゃうじゃん」

Massa「最初にルールを決めてやるんですよ。パスなしとか」(ラグビーの話なので、ちょっとやる気が出る)

編集「えー!?パスなしだと、守る方はボール持っている人をマークすれば良いんじゃないの?」

Massa「ピッカーが相手をひきつけて、ボーラ―が間を抜けたり、逆サイついたり・・・ウンヌンカンヌン」(急に話に熱が入り始める)

編集「ピッカーとボーラ―ってナニ?・・・アレガドレガコレガ・・・」

こうして、ひとつの記事を皆さまにお届けすることができるのです メデタシメデタシ