タイヤ

ウィルチェアーラグビーの試合を見に行くと、タイヤがパンクしては、即座に付け替えられている様子をよく目にします。
そのため、タイヤは各選手が予備分も含めて数個ずつ持ってきています。

パンクしたタイヤはその都度、コートの側で素早く修理が行われますが、
万が一連続でパンクしてしまい、修理が間に合わなかった場合には交代するしかありません。
もしくは同じ形のタイヤを使っている他の選手がいれば、それを緊急的に借りることになるそうです。

ちなみに通常は空気が抜けていく音がしますが、時には爆発音を伴ってパンクすることもあります。
修理を繰り返していくうちに、一箇所に圧力がかかってしまうことが原因だそうです。