ドリブル②

ウィルチェアーラグビーのドリブルは特徴的で、
前方にボールをつく際、手をくるっと回しながら投げていることがあります。

その理由を羽賀選手に聞いたところ、
回転がついていると、手元に返ってきやすいんだそうです。
たしかに試合を見ていると、ボールが弧を描いて、ちょうど膝上あたりに戻ってきているように見えます。

さらに、回転をつけて遠くに投げることで、長い時間ラグ車をこげるので、大きく前に進むことができる、
というメリットもあります。

ただし、これができるのは、周りにディフェンスが少なく、前方に余裕がある場合のみです。
ディフェンスに囲まれているときは、ラグ車のすぐそばで、腕を伸ばしてドリブルをしています。

この回転つきドリブルは車いすバスケでも行われていますが、
健常者のラグビーやバスケにはないので、車いすを使用するスポーツのみの特徴のようです。

羽賀選手に再現してもらいました。

 

ドリブルに関する過去の記事はこちら