「ヘルドボール」

どちらのボールとも言えない状態で試合が止まってしまった時は「ヘルドボール」と判断されます。

例えば、
・ボールの取り合いになったとき
・ラグ車の下にボールが入り込んだとき
・ラグ車同士の間にボールが挟まってしまい、誰も取れないとき  など

「ヘルドボール」と判断された場合には、インバウンド(スローイン)での試合再開となりますが、
インバウンドをする権利が与えられるのは、その時、次のボール所有権を持っていたチームです。
ボールの所有権については1月16日の記事をご参照ください。

IMG_5965.JPG