ツインバスケ 頭のバンドの意味

ツインバスケは名前に「ツイン」と付いているとおり、バスケットゴールが2つあります。
1つが通常のバスケと同じで上のほうにあるゴール、
もう一つが、床から120cmの位置にあるゴールです。

IMG_0251

選手の障がいの度合に応じた持ち点によって、どちらのゴールにシュートできるかが決まっていますが、
下のゴールに投げて良い選手たちは、試合中、頭に赤か白のバンドをしています。
見分け方は以下の通りです。

■赤いバンド・・・0.5~1.5の選手 円内から下のゴールにシュート可能
■白いバンド・・・2.0~2.5の選手 円外から下のゴールにシュート可能
■バンドなし・・・3.0以上     上のゴール

ただし、例外もあります。
例えば、ウィルチェアーラグビー(AXE)でもツインバスケ(Horsetail)でもチームメイトの乗松選手は
持ち点は3.0ですが、白いバンドをつけています。
上のゴールが届かないため、特例として円外から下のゴールへのシュートが認められているのだそうです。

170611_5
乗松選手は左から2番目