夏の夜の心霊特集~reprise~

6月26日にお伝えしました =心霊特集= 第2弾の今日は、羽賀選手が唯一体験した金縛りについてご紹介します。

あれは20歳をこえたある夜の出来事です。その日、一日中ラグビーの練習で疲れきった僕は、早めにベッドに横たわりました。部屋を暗くして毎週見ているTV番組を見ていたら、いつの間にか眠ってしまったようです。TVの音がうるさくて夜中に目を覚ました僕は『眠っちゃったか。TV消さなきゃ』と思い、体を動かそうとしたところ『あれ、体が動かない・・・』。いつの間にかTVの音も聞こえなくなり、僕は目を閉じたまま自分の心臓の鼓動だけを感じていました。『誰か・・・いるのか??』目を開けたらその誰かがいるかもしれないと思うと目を開けることができませんでした。

『ドクン、ドクン…』

心臓の鼓動だけを感じながら長い時間が過ぎたように感じました。すると突然、TVからお笑い番組の笑い声が聞こえました。

『あれ、動ける』

これが僕の体験した金縛りです…

Based on a true story.