ラグ車用の靴、日常車用の靴

羽賀選手は、日常用の車いすに乗るときと、ラグ車に乗るときでは靴を履きかえています。

日常車の時によく履いているのは、登山用のような、底が分厚くて凹凸の大きな靴です。
これだと靴底が車いすの足置きにしっかり固定されるので、ケイセイで脚がガタガタ動いても、前にすべらないのだそうです。

一方、ラグ車に乗るときは、ひざの位置も重要なので、ソールがそれほど厚くない靴を使っています。
ひざの位置が高い方が、ボールがひざの上で安定しやすいのでは?と思っていたのですが、
高いとパスされたボールがひざに当たってしまったり、ラグ車をこぎにくかったり、
さらに下の方のボールが取りにくかったり、と色々支障がでるようです。

IMG_2782