ウィルチェアーラグビーにおける「破壊力」とは

ウィルチェアーラグビーの話をしているときに、羽賀選手が「破壊力」という言葉をよく使うのですが、
言葉のまま、相手のラグ車を倒すくらいの「タックルの強さ」のことではなく、

「1人で不利な状況を打破できる力」

のことだそうです。

IMG_5783
ウィルチェアーラグビーでは普段、組織的に動いていますが、厳しい状況の時は、ボールを持っている人1人でも相手チームのディフェンスを突破していく必要があります。
「怪獣って強いじゃないですか。1人で状況を変えていく。そんな感じです。」
「突破力とも言います。」だそうです。

もしインタビューなどで、羽賀選手が「破壊力」という言葉を出した時は、
あ~あのことか、と思い出してみてください。

*あくまで羽賀選手の言葉の使い方なので、他の選手は別の意味で「破壊力」を使っているかもしれません。